口コミを参考に育毛剤選びを|評判の高いチャップアップ

髪のために何をすべきか

女性の医者

髪の毛のための食生活

若い頃には自分がハゲるなんて想像もしていなかったけど、30,40代になるにつれ、薄毛に真剣に悩む人は増えているのではないでしょうか。気付いたときには手遅れ・・ということにならないように、日頃から気をつけたいものです。髪の毛は、ご存知のように爪と同じケラチンという質の高いアミノ酸を含んだたんぱく質から形成されています。これらを含む肉や魚を摂る様にしましょう。また亜鉛も髪の毛を作るのに大切な栄養素なので、意識して摂るといいですね。また、NGな食生活としては、糖分や、バター、チーズ、卵といった動物性脂肪を多く含む食べ物を過剰に摂取すると、皮脂分泌が過剰になり、フケの原因になります。その他、アルコールの取りすぎも肝臓に負担を掛けてしまうので、適量を心がけましょう。このように食生活を見直しても、改善されない場合は、皮膚科の薄毛治療にかかるのもひとつの手です。

治療方法

皮膚科での薄毛治療は、ハードルが高いと思っている方は多いかもしれません。でも、植毛やカツラに比べて、根本的なところを治していくので時間が掛かっても、体にとっては、プラスになるという考え方も出来るでしょう。皮膚科での薄毛治療は、初診はほとんどプロペシアという薬を処方されることが多いです。この薬は薄毛の原因のホルモンの抑制剤となるので、決して髪の育成を促すわけではないのですが、これ以上薄毛が進まないようにする現状維持のための薬なのです。先述したように、髪の毛の元となるたんぱく質は、肝臓で作られるため肝機能のチェックを行うところもあるようです。医師による症状診断も大きな安心材料でしょう。また、皮膚科での薄毛治療は、保険内であれば診察代が、一般的な薄毛対策の店舗よりも安く済む点も大きなメリットとなります。